乾し椎茸で高める免疫力!必須食物繊維2タイプのうちの1つ不水溶性食物繊維チーム代表選手【大分産椎茸大粒どんこ】
乾し椎茸で高める免疫力!必須食物繊維2タイプのうちの1つ不水溶性食物繊維チーム代表選手【大分産椎茸大粒どんこ】

乾し椎茸で高める免疫力!必須食物繊維2タイプのうちの1つ不水溶性食物繊維チーム代表選手【大分産椎茸大粒どんこ】

商品番号 ms11640
¥ 885 税込
会員特別価格 ¥ 858 税込
[ 8 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。

商品詳細

不水溶性食物繊維食品のトップランナー

食物繊維には水溶性と不水溶性の2つがあります。
水溶性食物繊維を多く含む食物の代表はブラウンビレッジがおすすめしている【玄米】ですが、
玄米の繊維はカラダの中でドロドロのゲル状になって、カラダに有害な物質の吸収を妨げて、外に排出させる働きがあります。

その一方で、もうひとつの食物繊維、「不水溶性食物繊維」には、繊維自体が水に溶けないので、水分を多く吸収して、やがてそれは数倍もの大きさに膨れ上がり「腸」へと到達します。
これが腸の壁を刺激し活発化させて、腸内から老廃物を「出す」チカラを産み出してくれるんです。

・・・ということで、説明がちょっと長くなってしまいましたが、2つの食物繊維を同時に摂るということは、まさにデトックスの王道を行くということになりますね。

免疫力を高めるという点からも、この2つの異なる食物繊維を同時に摂ることは、とっても良いことだと言われています。



特徴☆ 椎茸づくりに最も適した環境を持つと言われる大分県産のしいたけ・どんこを、ゆっくり時間をかけて天日で熟成させた乾し椎茸です。
☆ 「どんこ」とは?:傘の肉が厚く、縁は強く内側に巻き込み、全体に丸みを帯び、傘が七分開きにならないうちに採取したものをいいます。
☆ 原木栽培について
  • 自然界の中できのこが生育するのと同様な栽培方法です。
  • 樹皮が厚く、最も良質の椎茸を育む「クヌギ」を原木として使用しています。
  • 原木栽培は約1.5年~2年かかるのに対し、菌床栽培は3ヶ月~5ヶ月です。
食べ方☆ 水にもどして、スープ・煮物・五目飯などに。
<しいたけのもどし方>
  • さっと水洗いして汚れを落とし、しいたけがかぶるくらいの水に漬けてもどします。
  • やわらかさを確認してください:肉厚の部分が柔らかく弾力がある位になっていればOKです。
    【ポイント】美味しくもどすには5°Cぐらいの冷水で10時間程度時間をかけてもどすのがポイントです!
  • つけ汁は捨てずに、調理のだし汁やスープなどにお使いください。急ぐ場合は微温湯に漬けてもどしてください(ただし水の温度が高すぎるとうまくもどりませんのでお気をつけください)
※開封後は湿気をきらいます。密封容器にいれて保存してください。
保存方法直射日光を避け、温度の低い所で保存してください。
原材料しいたけ(原木)
容量45g