暑い日はヘルシーに
爽やかに乗り切る。

そうめんやドリンクに、おやつなど、
夏を爽やかに彩るグルメが充実。


絹糸のような
小豆島てのべそうめん

夏に食べるなら、目からも涼を感じられるほど美しくつややかで、一口すすったらコシがあり、「おいしい!」とすぐに次のひと箸を手繰りたくなるようなそうめんが理想。まさにそれが『オーサワの小豆島てのべそうめん』です。
製造するのは、手延べそうめんの三大産地のひとつ・小豆島で6代続くマルカツ製麺さん。その日の気候や湿度を見極め、五感を使って、捏ね、寝かせ、伸ばし、じっくり乾燥させる…という、時間と手間のかかる手延べ製法によるそうめんづくりを100年以上受け継いでいます。
原材料は、国産の小麦粉、シママース(塩)、少量の圧搾法ごま油のみ。良質な材料、丁寧な職人の技術、さらに太陽や島の空気という自然の力が揃って、絹糸のように美しく、本当に美味しいそうめんが作られます。
シンプルな食べ方でも満足できて、さらに茹でてから時間が経っても、コシも風味も変わらないのが大きな特徴。冷やして美味しいのはもちろん、伸びにくいから煮麺や、炒めても美味しいので、夏の贈り物やご家庭用にいかが。

無添加だから安心して使える
お助け調味料のめんつゆ

本醸造しょうゆをベースに、みりん・かつお節エキスなどの旨味をバランスよく配合した、濃縮タイプのムソーのめんつゆ。合成保存料、合成着色料、合成甘味料、化学調味料を一切使用しない無添加のめんつゆだからこそ、シンプルな料理で風味豊かな味わいを発揮。
目安として水で3倍に薄め、そうめんやそば、うどんなど麺類のつゆとして、または冷やっこやきゅうりの浅漬けといった夏に嬉しいメニューの調味料としても重宝。余計なものを入れないからこそ原料の持ち味が生きる無添加めんつゆを、さまざまな料理シーンで使ってみては。

飲む点滴で夏バテ対策!
カラダにやさしい有機玄米甘酒

国産有機米と有機米麹のみで製造された、濃縮タイプの甘酒です。砂糖不使用ですが、やさしい甘さでほっこり美味しい。ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミンB群、食物繊維を豊富に含み、「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養満点なので、夏の疲労回復にも最適です。
お湯や水で2~3倍に薄めて飲んだり、お好みで豆乳や抹茶に入れてみたり、「なめらか」と「粒」タイプの2種で、アレンジいろいろ。甘味料として料理や菓子に加えると深い甘みとコクが生まれます。お子様からご年配、授乳中の方も安心してお召し上がりいただける飲み物なので、家族みんなで夏の栄養補給にどうぞ。

本格的なリキッドコーヒーで
夏のコーヒーブレイク。

手軽でありながら本格的なコーヒーを探している方におすすめしたいのがこちら。本物の「おいしさ」を求め、豆は有機JAS認証のコロンビア産豆、品種はコーヒー本来の酸味と甘みを併せ持つアラビカ種100%、リキッドコーヒーのおいしさを決める水は南アルプスの伏流水を使用しています。
焙煎をユニカフェ神奈川総合工場(神奈川県愛甲郡)、粉砕から抽出をメトロ(山梨県南アルプス市)が協力。コーヒーを知り尽くし、高い技術を持つ専門メーカーが織りなす味は、やわらかな苦みとコク、フルーティーな甘みをバランス良く併せ持つ、すっきりとした味わいで暑い夏にぴったり。
濃い目に抽出することで、お好みで氷やミルクを加えてもおいしく味わえるのも魅力。豆乳を加えてヘルシーなアイスカフェラテにしたり、お子さまのおやつに糸寒天でコーヒーゼリーを作ってみたり。アレンジも楽しめるオーガニックリキッドコーヒーをぜひご家庭で。

安老舗あんこ屋さんの
オーガニック水ようかん

夏に食べたくなる甘味といえば「水ようかん」。ただ糖分が気になる人や、体のことを考えて安心して味わえるものをお探しの方には、有機JAS認定の水ようかんがおすすめ。『こしあん』と『小倉』の原料は、老舗あんこ屋「遠藤製餡」の有機小豆と有機砂糖を使用。
みずみずしくさらりとした口溶けが爽やかな夏にぴったりで、さっぱりとした甘さも魅力。有機いんげん豆と有機抹茶を使用した、風味豊かな『抹茶』も。ご家庭でのおやつに、帰省のお迎えに、冷蔵庫に入れてひんやり和スイーツを堪能してみては。

夏の塩分補給は
熟成梅干しでおいしく手軽に

和歌山県龍神村の豊かな自然環境の中、無農薬・化学肥料不使用で育てた梅と紫蘇を使用。三年ものなので、水分が抜けて塩味のカドが取れてまろやかな味わい。しっかりとした梅の酸味はクセになるもので、香り高い紫蘇のアクセントも絶妙です。
おにぎりの具材、食欲が出ないときのさっぱり梅肉和えとしてはもちろん、マイルドな塩味なのでそのまま食べてもおいしいです。暑さとともに食欲が減退するこの時期に、梅干しパワーで乗り切りましょう。